學習日文文法:N5 動詞活用的記憶方法・活用的方法,把文法簡單地告訴你!

更新日期:2 天前

学習日本語文法:N5動詞活用の覚え方・活用の仕方、文法をシンプルに教えます!



開始學習日語半年到一年的時候,「很難…」會有想放棄學習的時候,通常是到了學習活用動詞、形容詞的時候。

日本語を勉強し始めて半年から1年経った頃、

「難しい...」と学習をやめてしまうのは

動詞・形容詞の活用にさしかかった頃だと思います。


今天,已經到了開始學習靈活運用日語的時候… 向初級學習者簡單地解說動詞的活用方法和記憶方法,如果能向前邁進一步的話就太好了。如果您讀過這篇文章,那麼日語 N5 文法就會在你的腦中整理得井井有條!

今日は、日本語を習い始めて活用するところまでは来たけど…という

初級学習者にシンプルに動詞の活用の仕方・覚え方を解説します。

これを読めば、日本語N5の文法が頭の中でしっかり整理されます!


1)首先,關於日語動詞的分類。

  まずは、日本語の動詞のグループ分けについて。

日語的動詞是以丁寧形(禮貌形)全部使用「〇〇ます」的形式。然後分成三個類別。以下,將會為分類進行解說。

日本語の動詞は、丁寧形では全て「◯◯ます」の形をとります。

そして、三つのグループに分けられます。 

以下、グループ分けについて解説します。


首先,第一類動詞。

這個「ます」前的字是「 i 」的平假名,即「い、き、し、ち、に、ひ、み、り」的話,那就是第一類動詞

まずは、I グループ

この「ます」の一字前の字が「 i 」の段、

すなわち「い、き、し、ち、に、ひ、み、り」であれば、

それは I グループの動詞となります。


然後,第二類動詞。

這個「ます」前的字是「 e 」的平假名,即「え、け、せ、て、ね、へ、め、れ」的話,那就是第二類動詞。

そして、Ⅱ グループ

この「ます」の一字前の字が「 e 」の段、

すなわち「え、け、せ、て、ね、へ、め、れ」であれば、

それはⅡグループの動詞となります。


最後,第三類動詞。

「〇〇〇(名詞)します」「来ます」只有這兩個動詞屬於第三類動詞。

最後は、Ⅲ グループ

「◯◯(名詞)します」

「来ます」

この二つの動詞のみが、Ⅲグループの動詞となります。


2)N5 中出現的動詞活用「て形」「辭書形」「ない形」「た形」

  N5 に出て来る動詞の活用「て形」「辞書形」「ない形」「た形」


每個類別的變化方式都不一樣。

グループ毎に変化の仕方が変わってきます。


例如 例えば:


第一類動詞

要說「飲みます」(喝)這個動詞是怎樣變化的話

Ⅰ グループ

「飲みます」という動詞がどの様に変化していくかと言うと


て形       飲んで  飲的動詞、連接用

辞書形(現在形) 飲む   飲的原動詞

ない形(否定形) 飲まない 唔飲

た形 (過去形) 飲んだ  飲左


第二類動詞

要說「食べます」(吃)這個動詞是怎樣變化的話

Ⅱ グループ

「食べます」という動詞がどの様に変化していくかと言うと


て形  食べて  食   (動詞,連接用)

辞書形(現在形) 食べる  吃的原動詞

ない形(否定形) 食べない 不吃

た形 (過去形) 食べた  吃了


第三類動詞

要說「来ます」(來)這個動詞是怎樣變化的話

Ⅲ グループ

「来ます」という動詞がどの様に変化していくかと言う


て形       来て (きて)  (動詞,連接用)

辞書形(現在形) 来る (くる)  的原動詞

ない形(否定形) 来ない(こない) 

た形 (過去形) 来た (きた)  來了


3)關於動詞活用「て形」的造成方法和文法

  動詞の活用「て形」の作り方と文法について

首先,從造成「て形」的方法開始解說。

まず、「て形」の作り方から解説。


第一類動詞

請記住以下 1〜4 的規則。請留意「ます」的前一個字。

Ⅰ グループ

以下 1〜4 のルールを覚えて下さい。

「ます」の前一字に注目して下さい。


「き」的情況 → 請轉換成「い」並加上「て」。

  「き」の場合 →「い」に変換して「て」をつけて下さい。

   例如:「書きます」→「書いて」(寫)


2・「み」和「び」的情況 → 請轉換成「ん」並加上「で」。

  「み」と「び」の場合 →「ん」に変換して「で」をつけて下さい。

   例如:「飲みます」→「飲んで」(喝)

      「遊びます」→「遊んで」(玩)


「り」「い」「ち」的情況 → 請轉換成「っ」並加上「て」。

  「り」「い」「ち」の場合→「っ」に変換して「て」をつけて下さい。

   例如:「帰ります」→「帰って」(回)

      「買います」→「買って」(買)

      「待ちます」→「待って」(等)


4・「し」的情況 → 請直接在「し」上加上「て」。

  「し」の場合→そのまま「し」に「て」をつけて下さい。

   例如:「話します」→「話して」(說)


第二類動詞

請取走「ます」加上「て」。

Ⅱ グループ

「ます」を取って「て」をつけて下さい。

例如:「食べます」→「食べて」


第三類動詞

Ⅲ グループ

「◯◯します」→「して」

「来ます」→「来て」


使用了「て形」的文法,在 N5 𥚃有8個。

「て形」を使った文法は、N5では8つ。


〜〜て ください。(對方的委托,請~)

  例如:食べて ください。(請食吃)


2・〜〜て います。(進行,〜緊)

  例如:食べています。(正在吃)


3・〜〜ても いいです。(也可以〜)

  例如:食べても いいです。(吃了也可以)


4・〜〜ては いけません。(不可以〜)

  例如:食べては いけません。(不可以吃)


5・〜〜て、〜〜て、〜〜て(〜然後〜然後〜然後)

  例如:ご飯を食べて、勉強して、寝ます。(吃飯然後讀書然後睡覺)


6・〜〜てから(之後)

  例如:ご飯を食べてから、テレビを見ます。(吃飯後睇電視)


7・〜〜てあげます (我幫他人做〜)

  〜〜てもらいます(我收他人的幫助,帶感激 / 受對方的好意)

  〜〜てくれます (他人幫我做〜)

  例如:

  わたしは、A さんに本を貸してあげました。(我借給 A 先生書)

  わたしは、A さんに本を貸してもらいました。(我從 A 先生借書給我)

  A さんは、本を貸してくれました。(A 先生把書借給我)


8・〜ても(即使 / 縱然 / 就算〜)

  例如:聞いても、わかりません。(即使聽了,也不懂)


4)動詞活用「辞書形」(基本形)的造成方法和文法

  動詞の活用「辞書形」(現在形)の作り方と文法について

首先,從造成「辞書形」的方法開始解說。

まず、「辞書形」の作り方から解説。


第一類動詞

將「 i 」轉成所有「 u 」形態。即轉換成「う、く、す、つ、ふ、む、ゆ、る」。

Ⅰ グループ

「 i 」を全て「 u 」段、すなわち、「う、く、す、つ、ふ、む、ゆ、る」に変換します。

例如:飲みます」→飲む」


第二類動詞

請取走「ます」加上「る」。

Ⅱ グループ

「ます」を取って「る」をつけて下さい。

例如:食べます食べる


第三類動詞

Ⅲ グループ

「◯◯します」→「する」

「来ます」→「来る(くる)」


使用了「辭書形」(基本形)的文法 N5 裡有3個。

「辞書形」を使った文法は、N5では3つ。


1・「辞書形」ことが できます。(能夠做~)

例如:日本語を、話す ことが できます。(我能說日文)


2・わたしの趣味は、「辞書形」こと です。(我的興趣是〜)

例如:わたしの趣味は、写真を撮る こと です。(我的興趣是影相)


3・「辞書形」前に(做〜之前)

例如:ご飯を食べる 前に、宿題をします。(吃飯前做功課)


5)造成動詞活用「ない形」(否定形)的方法和文法

  動詞の活用「ない形」(否定形)の作り方と文法について

首先,從造成「ない形」的方法開始解說。

まず、「ない形」の作り方から解説。


第一類動詞

將「 i 」轉成所有「 a 」形態。

即轉換成「あ(わ)、か、さ、た、な、は、ま、や、ら」並加上「ない」。

(*注意:「あ( a )」的情況下會轉成「わ( wa )」)

Ⅰ グループ

「 i 」を全て「 a 」段、すなわち、

「あ(わ)、か、さ、た、な、は、ま、や、ら」に変換して、「ない」をつけます。

(*注意:「あ」の場合は「わ」に変換されます)

例如:「飲みます」→ 「飲まない」


第二類動詞

請取走「ます」加上「ない」。

Ⅱ グループ

「ます」を取って「ない」をつけて下さい。

例如:食べます食べない


第三類動詞

Ⅲ グループ

「◯◯します」→「しない」

「来ます」→「来ない(こない)」


使用了「ない形」的文法,N5 裡有3個。

「ない形」を使った文法は、N5では3つ。



1・ないで ください。(請不要〜)

例如:心配しないで ください。(請不要擔心)


2・なければ なりません。(一定要做〜)

注意:「ない」の「い」を省略します(注意:「ない」的「い」要省略掉)

例如:宿題しなければ なりません。(你必須要做作業)


3・なくても いいです。(沒有〜也可以)

注意:「ない」の「い」を省略します(注意:「ない」的「い」要省略掉)

例如,宿題しなくてもいいです。 (不做功課也可以)


6)造成動詞活用「た形」(過去形)的方法和文法

  動詞の活用「た形」(過去形)の作り方と文法について

首先,從造成「た形」的方法開始解說。

まず、「た形」の作り方から解説。


第一類動詞

和「て形」的做法相同

Ⅰ グループ

「て形」の作り方と同じ

例如:「飲みます」→「飲んだ」


第二類動詞

請取走「ます」加上「た」。

Ⅱ グループ

「ます」を取って「た」をつけて下さい。

例如:「食べます」→「食べた」



第三類動詞

Ⅲ グループ

「◯◯します」→「した」

「来ます」→「来た(きた)」


使用了「た形」的文法、N5裡有3個

「た形」を使った文法は、N5では3つ


1・た形 ことが あります。(經驗、有做過)

例如:日本へ 行った ことが あります。(有去過日本)


2・〜たり、〜たり します。列舉:一下子一下子〜)

例如:休みの日 テレビを見たり、散歩したり します。(休息的日子會一下子電視、一下子散散步。)


3・たら(如果)

例如:雨が降ったら、出かけません。(下雨的話,我不去。)


以上,、整理了從N5裹出來的動詞活用。詳細地知道毎一個,但是想簡單學習的話,一定要來和達知創作社的初級課程!!日本人教師簡單易懂地解說。

以上、N5に出て来る動詞の活用を整理しました。

一つ一つもっと詳しく、でもシンプルに勉強したいなら、

ぜひ和達知創作社の初級コースへ!!

日本人教師がシンプルかつわかりやすく解説します。


尖沙咀校 JLPT N5課程

・2020年5月3日(星期日) 13:00-16:00

・2020年5月5日(星期二) 17:00-20:00

報名查詢:https://www.watashi.com.hk/jlpt


尖沙咀校

 尖沙咀漢口道5-15號 漢口中心3樓329-330室

 (尖沙咀isquare出口步行1分鐘)

MAP : https://www.watashi.com.hk/contact


【JLPT N5 相關文章】

https://www.watashi.com.hk/news-update/categories/jlpt-n5



654 次瀏覽
JLPT N5 Blog
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
Watashi+852 9043-2280.png

© 2019 Watashi Create Limited  All right Reserved.