Blog

為了成為人氣的日語教師(成為賣座日語教師的條件)

人気の日本語教師になる為に(売れる日本語教師の条件)



01)說明能力、熱情
  説明力、熱意

善於說明,這雖然是理所當然的事情。確實可以提高學生日語能力的熱情。還有能提高學生的集中力、動力的話,就是有能的老師。
これは当たり前のことですが、説明が上手い。確実に生徒の日本語力を上げて行くという熱意。
生徒の集中力やモチベーションを上げることができる先生です。

 

02)掌握學生的事情
   生徒のことを把握する

要善於理解學生到底有什麼期望,學生到底是什麼性格。還有學生的程度,是哪一類型的人等。
生徒が何を望んでいるのか、どんな性格なのか読み取るのが上手い。
レベル、どんなタイプなのかなど。

當然,在處理各種資料的同時,也要讀取在場的氣氛。上課時,傳達的內容、方法同樣重要,據說對「信息收集」的成敗有很大的關連。
もちろん、色々なデーターから読み取るのと同時に、その場の雰囲気からも読み取る。
授業において、伝える内容や方法と同じく、「情報収集」が成否に大きく関わると言われています。


 

03)重視學生的理解程度
   生徒の理解度を大切にする

老師授課的最終目標,是「讓對方明白」這件事情,而不是說擅長上課就可以了。
先生が行うレッスンの最終的な目標は「相手に理解してもらうこと」です。
先生が上手くレッスンを行うことではありません。

可能會有人說,這不是理所當然的嗎?!但在上課時,卻會不知不覺間變成「自我感覺良好」的課堂,會有節奏、進行的方向漸漸被帶偏的情況發生。
そんなの当たり前だ!と言われそうですが、
知らず知らずの間に独りよがりのレッスンになってカッコよく
テンポ良く進めるなどの方向へ流れてしまっていることがあります。

請謹記這一點,不要使課堂的方向走偏。請好好地觀察學生的表情和反應!
このポイントがズレてしまわない事を大切にして下さい。
生徒の表情と反応をしっかりみてください!

如果課堂有很順利地進行的話,在傳達、解答問題的時候,便會自然而然地吻合學生需要的時機。
それが上手く回れば、質問や解答を伝えるタイミングが
自然に生徒の求めるタイミングと完全にマッチできる様になるのです。

此外,關於如何確認學生的理解程度,常見的模式是「明白現在說明什麼的人…(要求學生舉手)」。這樣做只會令學生的士氣大大下降。坦白說,直接回答「是」然後舉手的學生,我是從來沒見過。
また、生徒の理解度を確かめる方法ですが、
よくあるパターンは「今の説明わかった人…(挙手を求めて)」。
これはすごく生徒のテンションを下げてしまいます。
そもそも、正直に「はーい」と手を上げる生徒は見たことがありません。

要從學生不經意的反應,來確認他們的理解程度。例如,使用已經說明過的文法來提問、用日語說明的內容上加搞笑的部分,從這些反應來把握學生的理解度。
生徒の何気ないリアクションから理解度を確かめます。
例えば、説明済みの文法を使って質問したり、
日本語で話す内容に笑いの部分を加え、その反応から生徒の理解度を把握します。


 

04)不要單方面地說話。實行參與式的教學
   一方的に話さない。参加型の授業を行う

相信會有很多人同意,即使是多優秀的課堂也好,「很長的說明」也是會令人感到無聊的。
多くの方は同意されると思いますが、
どれほどレッスンが上手くても「長い説明」は人を退屈にさせます。

在「寫」「讀」「說」「聽」之間做出平衡,也加入「讓學生思考」「讓學生發表」等活動,令他們上課的集中力不會中斷的操作來的。
「書く」「読む」「話す」「聞く」のバランスを取りながら、
「考えさせる」「発表させる」などの活動も取り入れ、
授業への集中が途切れないように操作していきます。

使學生參與其中, 老師和學生一起享受上課的樂趣,這種感覺是最理想的。
生徒が参加して、先生が生徒と一緒に
授業を楽しんでいるという感じが好ましいです。


 

05)善於讚賞
   褒め上手

人是需要別人認同和讚美的。
人は認められたり褒められたりしたいものです。

「很優秀!」「很棒!」「剛剛那個很好!」「發音變得更好了呢」等,請不要吝惜地誇賞吧。
「素晴らしい」「いいね」
「今の良かったです」
「発音が良くなって来ましたね」など、惜しみなく褒めて下さい。

平時也可以使用拍手👏👏👏就好像電視問答比賽節目那樣,當回答正確時便會響起音效等,這樣可能也不錯。想聽到這個聲音而努力!想聽到老師的拍手而努力!這樣就好。
拍手もふんだんに使って👏👏👏
クイズ番組でもある様に、
正解した時に効果音を鳴らすなども良いかもしれませんね。
その音が聞きたくて頑張る!
先生から拍手してもらいたくて頑張る!それで良いんです。

因為人類有「獲得他人認同的欲望」,當那個欲望被滿足了後,會對被稱讚的地方有自信,會更加覺得「要加油啊!」從而提升動力。之後,希望能得到老師更多的讚美🤩 變得更為努力!
人間には「承認欲求」がありますから、
それが満たされると、褒めた箇所に自信を持ち、
さらに「頑張るぞ!」とモチベーションが上がります。
そして、先生にもっと褒めて欲しい🤩と、頑張るようになります!

提出讚美,你的信用也會提升,學生也能變成你的粉絲呢 ❣️頻繁不斷地讚賞吧 ♪
褒めてあげることで、あなたへの信用も上がりますし、
あなたのファンにもなって貰えますね❣️
どんどん褒めてあげましょう♪



06)勉勵
   励ます

學習有順利和不順利的時候,學習日語也不例外。學生動力下降的時候,請有耐性地鼓勵他們吧。
勉強にはアップダウンが付きものです。
日本語の勉強も例外ではありません。
モチベーションが下がってる時には、辛抱強く励ましてあげて下さい。

那是因為,開始學習的時候,往往有勢頭很順利、學習得很好的感覺,但過了一段時間之後,不知道為什麼,會覺得自己毫無進步、停滯不前。
それから、習いはじめはすごく勢い良く上手になっていってる様に感じるものですが、
ある程度経つと、何だか自分が全く進めてなく止まっている様に感じます。

這種時候其實正是知識在累積當中,請向學生說明會這樣是理所當然的。
その時には、実は知識を貯めている時なので、
それが当たり前な事を説明してあげましょう。


 

07)笑容
    笑顔

無論哪種職業也是呢。
どんなお仕事でもそうですね。

有覺得辛苦的地方,也有消沉失落的地方。但即使這樣,笑容能給予人力量,要是一起相處的話,還是和笑的人一起感覺會比較好吧。所以希望我們對於學生來說是這樣的存在,而一直都保持笑容吧!
辛いこともあるし、落ち込んでどうしようもなくなることも。
それでも笑顔は人にパワーを与えるし、
どうせ一緒にいるなら笑顔の人の方が気持ちがいいですよね。
生徒さんにとってそういう存在でいられるようにいつも笑顔を心がけましょう!

在和達知創作社,使用日語為一種工具,和老師見面之後便能忘掉辛苦的地方而變得快樂!們希望這裡能成為一個這樣的地方。
和達知創作社は、日本語をツールとしていますが、
先生に会うと辛いことも忘れて楽しくなれるんだ!
そんな場所でありたいと願ってます。


 

08)不要集中在犯錯的地方,集中在做得好的地方 👍
   間違えの方にフォーカスしないで、できてる所にフォーカス👍

當然,有錯的地方需要糾正,但一味這樣做的話會使人失去難得的干勁。沒有完美無瑕的人。
もちろん間違えは正してあげなくてはいけませんが、
そればかりではせっかくのやる気も失せてしまいます。
全てパーフェクトの人なんていません。

做得好的地方,例如,有一位學生不太記得文法,不過,詞語的發音很好,那麼就先提高這個地方(的能力)吧!
できている所、例えば、この生徒さんは文法は中々覚えないけど、
単語の発音がいいなぁと思ったら、そこを伸ばしてあげて!

讚賞了做得好的地方之後,原本不太好的地方也能提高水平。會成為逐漸成長的契機!
いい所を褒めることで、ダメな所も底上げされていくイメージです。
ぐんぐん伸びるきっかけになります!

「正確地記住文法了,了不起!」等、對於其他細微的地方也是。還有努力的過程,例如「這次做功課很用心呢!」等,不斷地提出讚賞吧。
文法をきちんと覚えて偉い!や、細かい箇所などにも。
そして、努力した過程、例えば、今回宿題頑張ったね!なども、
どんどん褒めてあげましょう。


 

09)正面思考
   ポジティブマインド

老師應該以積極的心情上課!
先生がポジティブな気持ちでレッスンに臨むこと!

你在做什麼事情的時候,會覺得心情愉快呢?
あなたは何をすると気持ちがいいと感じますか?

常常保持正面,從日常起做讓自己愉快的事情作為給自己的禮物吧。因為正面的情感波動是會傳染的。
常にポジティブでいられるよう、
常日頃から自分が喜ぶことを自分にプレゼントしてあげて下さいね。
ポジティブ波動は伝染しますから。



10)養成習慣!透過練習才能更擅長
   習慣づけ!練習こそ物の上手なれ

不論複習了多少次,激勵了多少次。那些也是老師大顯身手的地方。
いかに復習させるか、やる気にさせるか。
それも先生の腕の見せ所です。

實踐了以上①〜⑨的地方,如果養成進一步的習慣的話,你便是位出色的老師了!
以上の①〜⑨を実践し、
さらに習慣付けをさせられたらあなたは本当に素晴らしい先生です!



11)聲音語調
   声のトーン

加上抑揚頓挫(有力地說,輕輕地說,加速地說,慢慢地說。想讓對方記得的地方,要慢慢地大聲說)
抑揚をつける(強く言ったり、弱く言ったり、スピードあげたり、ゆっくり言ったり。
覚えさせたい所は、ゆっくり大きな声で)

為了做到這樣,使用腹式呼吸,留心注意地使用響亮的聲音吧!
その為には、腹式呼吸で、真っ直ぐ通る声を心掛けましょう!


 

12)做好準備
準備をしっかり

作為老師,雖然這些也是理所當然的,常常思考學生的事,為他們而奮力做好準備。
これも先生としては当たり前の事ですが、
常に生徒さんの事を考えて、その人の為に一懸命準備を整える。

愉快的教材和影片。有時還有交換日記等。
想著對方的事情而做準備,自然就會有各種想法浮現出來吧 ♪
楽しい教材や、ビデオ。時には、交換日記なども。
相手の事を考えて準備を進めていると
自然と色々なアイデアが浮かんで来るでしょう♪

這也不僅僅是關於上課。請務必把這種心情也傳遞給對方 ❤️
なにもこれは授業に関してだけではないですね。
その気持ちは、必ず相手に伝わります ❤️

最重要的東西是…
一番大切なことは…

老師自身也和學生一起享受課堂♪然後,請成為學生的應援團(加油打氣)吧!
先生が生徒と共に自らも授業を楽しむ ♪
そして、生徒さんの応援団でいて下さい!

這是吸引學生的最好要訣,我是這麼認為的!!
これが生徒を惹きつける一番のコツだと、私は思います!!

筆者:鈴木妃佐子校長 Suzuki Hisako
翻訳者:林暁旻


30分鐘免費諮詢

以前學過。。停了好長時間。。
但是,還想再重學一次日語。。
應該從哪裡開始才好呢?

對於這樣的你,交由和達知創作社來回答吧!
可以先來個徹底諮詢,然後參加30分鐘的免費試用諮詢。
現在線上也可以哦~