Blog

讓進步遲緩的日語會話變得更好的方法

伸び悩んでる日本語会話が上手くなる方法

大家好!今年也差不多要結束了呢~今年是怎麽樣的一年?然後,明年又想過怎麽樣的一年呢?
皆さん、こんにちは!今年もそろそろ終わりですね〜。
今年は、どんな年になりましたか?
そして、来年はどんな1年にしたいですか?

明年「想變得可以流暢地說日語!」抱持著這個夢想的你。請務必閲讀這篇文章,一起加油吧~
来年こそは、「日本語がペラペラに話せるようになりたい!」という夢を持っているあなた。ぜひ、このブログを読んで、一緒に頑張りましょう〜。

我也是從現在算起的 15 年前,雖然知道相當多的英語單詞和文法,但處於完全不會說,也聽不懂的狀態。
私も今から15年前は、単語や文法は結構知っているのに、
英語が一向に話せない、聞き取れない状態でした。

不過,不試試説的話,就不能變得更好!!這樣想著,抛棄了羞恥感之後,便開始一口氣進步了很多!
しかし、話してみない限り、上手にはならない!!と恥を捨ててから、一気に上達し始めました!

那是,
それは、

嘗試説出口,然後成功溝通到(太好了,很高興!)多少次也好,把那個短句重複使用。
話してみて通じた(やった、嬉しい!)
何度も、そのフレーズを繰り返し使う。

↓↑

嘗試説出口,但不能溝通(害羞。。)便思考另一種表達方式,再試說。
話してみて通じなかった(恥ずかしい。。)
別の言い方を考えて話してみる。

就是這樣,抛棄羞恥感後再不幾重複。
ということを、恥を捨てて繰り返したからです。

要訣是「嘗試錯誤(Trial and Error)」。
要するに「トライ・アンド・エラー」ですね。

當然,一開始說不出我想說的,便用辭典查啊查啊,然後對發音也沒有自信所以聲量很小…(苦笑)
もちろん、最初のころは言いたいことがなかなか言えなくて、辞書で調べ調べ、
そして発音も自信がなく小さな声で…(苦笑)

但是,其實這個「説不出來」的經驗也是很重要的。
でも、実はこの「言えなかった」経験が大事なんですね。

自己實際上體驗了什麽事情的時候,容易留下記憶吧?然後,那兒若是伴隨著感情(害羞、懊悔、高興等等),更能加深一層記憶。
自分が実際に何かをして体験したことは、記憶に残りやすいですよね?
そして、そこに感情(恥ずかしい、悔しい、嬉しい等等)がともなえば、なお一層その記憶は残ります。

其實,學習語言也是一樣的!
実は、語学勉強も同じです!

例如,即使想説日語,但有怎樣也想不起來單詞的時候。那個瞬間會感到十分懊悔。
例えば日本語で話したくても、
どうしても思い出せない単語があったとします。
その瞬間はものすごく悔しいです。

但是…之後,
「那個時候我該怎麼說?」這樣想,然後好好地調查,摸索答案的話,第二次一定不會忘記。
が、、
あとで、
「あのときなんて言えばよかったんだ?」ときちんと調べて、答えに辿り着いておけば、二度と忘れない訳です。

要説為什麽的話,因為引起激烈感情起伏時候的記憶,會深深地刻在腦袋裏面。
どうしてかと言うと、
感情の起伏が激しく起こったときの記憶は、
脳に深く刻まれるからです。

人類記憶之中,這些和體驗相關的記憶被稱為「情景記憶」。
人間の記憶のうち
これら体験に関する記憶のことを
「エピソード記憶」と言います。

只有這種「情景記憶」才能更容易留下記憶哦!!
このエピソード記憶こそが、記憶に残りやすいんですよ!!
(関連ブログ:「符合年齡的高効學習方法」https://www.watashi.com.hk/20210819memories/

相反地,即使一個人把單詞等知識一味死記下來,因為沒有動用到感情,(記憶)是無法刻在腦袋裏面的。
逆に単語などの知識を一人でひたすらに覚えても、感情が動かないので、脳に刻まれない訳です。

所以,結論!!
ということは、結論!!

伴隨著感情的學習法會比較好。
感情を伴う学習法がいい。

摻雜著體驗而去記便好。
体験を交えながら覚えればいい。

和人對話。
人と会話する。

所以,「搞錯了也不要緊,從口中説出來!!説話!!會話,會話!!!」想表達的其實是這個意思 (o^^o)
だから、
「間違ってもいいから、口に出して!!話して!!会話して、会話して!!!」
と、言っているんです(o^^o)

這意味著,如果想要變得可以流暢地說日語,製作「能説話的場所」是最重要的。
そういった意味で
日本語がペラペラになりたいのであれば
「話せる場」を作ることが一番大事です。

背誦單詞和解答問題雖然是好,但僅僅如此是怎樣也無法改善會話部分,
単語の暗記や問題を解くのもいいですが、
それだけではどうしても話せるようにはなりませんので、

因此請務必「抓住」日本人,試試用日語和他們搭話呢!!進步的速度會完全不一樣的喔!
ぜひ日本人を捕まえて
日本語で話しかけてみてくださいね!!
上達のスピードが全然違いますよ。

那麽,在香港,也能有仿似置身於日本的體驗,就在和達知創作社了!!
そして、
香港にいながら
日本にいる様な体験ができるのが、和達知創作社です!!

對應學生的要求,可以以會話為中心,度身定制課程,就算在香港,也能有日本留學的體驗。
学生さんのご要望に添い、
会話中心の授業をカスタマイズできますので、

香港にいながらにして、日本留学。

請務必來體驗一下!2022年變得可以流暢地說日語!!一起實現夢想吧 ♪
ぜひ、体験しに来てみて下さい!
2022年日本語がペラペラになる!!
一緒にその夢を叶えましょう ♪

筆者:鈴木妃佐子校長 Suzuki Hisako
翻訳者:林暁旻